北陸新幹線金沢開通は来年春・・・

さて、北陸新幹線の金沢開通がいよいよ来年春に迫ってきた。

てっきり、速達タイプが『はくたか』になると思っていた管理人だが、まさかの『かがやき』になるとは思わなんだ。
まあ、『かがやき』という列車名は、北越急行ほくほく線経由の『はくたか』登場以前は、長岡乗り換えの東京対北陸の速達特急だった経緯があるので、『スーパーはくたか』や、東北新幹線の『はやぶさ』よりは、はるかに妥当なネーミングだと思いますが。
東京対北陸なら、『白山』や『北陸』といった過去の特急の名称もあったはずだが、どうも新幹線の列車名は「ひらがな」の愛称にするのが暗黙のルールになっているのだろうか。

さて、それよりも、個人的には『北陸新幹線の金沢開通』よりも、それに伴う『並行在来線の3セク化』の方が気になる。できればJRのうちに乗っておきたいものだが、富山~直江津~長野間は未乗車なので何とかしたいところなので、それを基本に計画だけは色々考えているが、なかなか実行に移せないのが悩ましい。




ていうか、いまさらだが、『整備新幹線の並行在来線は3セク化』というのは、どうしようもない愚策だと思う。
政治家ってのは、交通政策にかぎらず、国民に都合の悪い『約束事』だけは律儀に守るんやね。
さらに、経営分離のみならず、分離した区間を県境でぶった切るのも愚かしい。

新幹線やリニアのような『超高速の交通機関』は、『ストロー現象』で東京にヒト・モノ・カネが吸い取られるだけで、地域の活性化や地方の均衡的な発展にはつながらないし、県内移動、隣県移動の需要は新幹線かと並行在来線の経営分離で、かえってバスやマイカーに流れていると思うのだが。
もっと言えば、JRの分割民営化のやり方も、赤字に苦しむことが明白だった北海道・四国・九州を単独で分割させたのも、今となっては間違ってたんじゃないかとさえ思う。

会社を分けるから、会社が分かれる箇所での乗り継ぎ・連絡が不便になる。そして、それを嫌って利用客がクルマに逃げる。利用客が減って、鉄道の便数も減る。近距離移動ですら、鉄道は不便になり、地方から人が流れる。そして、地方は衰退し、ますます鉄道会社の収益が厳しくなる。

アンチ東京思考の強い管理人の穿った見方に過ぎないが、東京にヒト・モノ・カネを吸い取るために、あえて分割民営化や並行在来線の3セク化&県境でのぶつ切りをさせたんじゃなかろうか。いかにも霞ヶ関や永田町の人たちが考えそうなことだと思うのだが、考えすぎだろうか?

こういう考えが根底にあるから、管理人は鉄ちゃんではあるものの、新幹線やリニアはあまり好きになれないし、新規区間開業のニュースに触れるたびに複雑な気持ちになるのである。

とりあえず、ひとことで言うと、
狭い日本、そんなに急いでどこに行く?
といったところだろうか。

前へ

乗りつぶし日記 その50 ~アクシデントで草津線~

次へ

乗りつぶし日記 その51 ~東京出張1回目~