『北陸』『能登』ラストラン

よもや、こんなに早く終焉を迎えるとは思っていた両列車、上野~金沢間を半世紀以上にわたり結んできた寝台特急(ブルートレイン)「北陸」と夜行急行「能登」が12日夜、定期運転のラストランを迎えた。

北陸新幹線が開通しても、どちらかは残るだろうと思っていたが・・・やはり、機関士不足・車両の陳腐化に対して、JRはなんら対策を採ってこなかったわけだから、近い将来、こんな日が来るとは思っていたが。


また、最近は、残念なことだが、「撮り鉄」の一部にマナー違反も目立ち、ダイヤを乱すまでの事件に発展してしまったことがあった。

そのため、JR東日本は、両列車が発着する上野駅13番ホームを職員ら40人態勢で警戒。警視庁鉄道警 察隊と上野署も警察官を配置したが、大きなトラブルはなかったようなので、両列車の晩節を汚すことがなく、一安心である。

前へ

大和西大寺駅(近鉄)

次へ

乗りつぶし日記 その41 ~神戸電鉄で三田へ~