日記も一元化する

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまり、「行動記録」と「日記」に明確な線を引く必要も無いと思われますが、あえて線を引くなら、何らかの「感覚」や「自分の考え」が書いてあるものが日記と考えておけばよいでしょう。

これらも「100円ノート」に一元化してしまいます。

 

当然ながら、「手帳」と同様「日記帳」もそれ専用のものがあったりして、毎日日記を書くことにチャレンジした方も多いでしょう。

が、「毎日縛り」というのは結構つらい。日にちの固定された日記帳に、空白が増えてくると、それをみるたびにモチベーションも落ちてくるというもの。で、そのうち、日記帳を開くことすらしなくなる。

大体、日記が続かない人のパターンはこんなものじゃないでしょうか。

 

というわけで、やはり、気が向いたときに「100円ノート」に自由な長さで書き留める。これなら、空白が空いてウンザリする事もありません。

日記とまでは行かずとも、「100円ノート」にいろいろ資料を貼ったりするので、それに対してコメントをつけるだけでも、充分日記代わりになります。

 

また、日記には心を落ち着ける効果もあるのです。

人間、生きていれば、いろいろ不安なこと、いらいらすることが出てくるものです。そうなったら、不安やイライラの原因を日記として、「100円ノート」に箇条書きしていく。

「あんな仕事引き受けなきゃ良かった」「何であの場面でしょうも無いミスをしてしまったんだ」などなど・・・負の感情をダイレクトに表現していきます。

で、全てを書き出すことに成功したときには、案外落ち着きを取り戻すことができます。さらに、書き終えてから「案外、大したことじゃないな」とか「別に命まではとられやしないし」などとつぶやいてみる。

これで、机や椅子を蹴っ飛ばしたり、回りのものに当たるよりは、よっぽど健全なストレス解消ができてしまいます。

 

それに、仕事の悩みや問題点について悶々とつづったものなどは、今後の業務改善の元になることもある「貴重なご意見」なので、なるべく詳細に書いておくと良いでしょう。

日記の効能として、昔から「自分を見つめなおすことができる」などといいますが、この精神安定作用のことをさしているのでしょう。


こういった、セルフカウンセリングこそ、日記の機能の中で、一番特筆すべきことなのかもしれませんね。

参考文献:情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

応援クリック、よろしくお願いします!
CoRichブログランキング 人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kiri.versus.jp/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする

Powered by

このブログ記事について

このページは、キリ(管理人)が2010年4月23日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「行動記録」から過去を振り返る」です。

次のブログ記事は「タグで一覧を呼び出す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。