一冊だけで良いからシンプル

| コメント(0) | トラックバック(1)

結論から言うと、「100円ノート式」で1冊に全部まとめることが強調されているのは、楽だから。に尽きると思います。


持っていくかどうかを考える必要もなくなりますし、どんなときでも常に『これ一冊あれば大丈夫』としておくことがポイントになります。

  • 家でくつろいでいるときに、ふと仕事のアイディアを思いついた
  • 商談中に、雑談で観光スポットの話題になり、次の休日に行きたくなった

そんな時、ノートを一冊にしていれば、非常にスムーズですよね?

 

あと、システム手帳なんかだと、ペンや定規などのツール類をつけて「何でも出来る」状態にしがちです。

が、「100円ノート式」では、『最低限これだけは無いと困る』というレベルにとどめるように推奨されています。

どこでも気軽に書けるように、手帳にペンをさすよりは、思いつく限りいろいろなところにペンを置いておくと、手帳自体は身軽に出来ます。カバンや上着、キーホルダー、食卓、居間、寝室・・・と。

参考文献:情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

応援クリック、よろしくお願いします!
CoRichブログランキング 人気ブログランキングへ

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://kiri.versus.jp/mt/mt-tb.cgi/91

自己啓発に関する本を集めました。 仕事で成果を上げたい、起業して成功したい、人に感謝されながら収入を増やしていきたい、そして、自分自身の人間性も高めた... 続きを読む

コメントする

Powered by

このブログ記事について

このページは、キリ(管理人)が2010年2月10日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これだけのことが1冊でできる」です。

次のブログ記事は「Web検定~Webに関わる全ての人の標準知識~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。