記帳時のルール 一覧

<概要>

  • 支払手形記入帳は振り出した手形に対して、債務の発生から消滅までを記録する帳簿。

支払手形記入帳は簿記における『補助簿』の一つで、受け取った手形に対して、手形債務の発生から消滅までの記録をつけるための帳簿です。

支払手形記入帳への記入の手順

紙ベースで支払手形記入帳への記入を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 日付欄には、約束手形なら振り出した月日、為替手形なら引受日を記入。
  2. 手形種類欄には、受け取った手形が「約束手形」か「為替手形」かを記入。
  3. 手形番号欄には、受け取った手形の番号を記入。
  4. 摘要欄には、手形債務が発生した原因を記入。
  5. 受取人欄には、手形の受取人を記入。
  6. 振出人には、約束手形であれば当店や当社と記入、為替手形ならその振出人を記入。
  7. 振出日欄、満期日欄にはその日付を入れる。
  8. 支払場所欄には、指定された金融機関名を記入。
  9. 手形金額欄には、手形に書かれた額面金額を記入。
  10. てん末欄には、手形債務が消滅した日付を入れ、摘要欄にその原因を記入。
なお、1~9は手形を受け渡した日に記入し、10の顛末欄は手形債務が消滅した日に記入するのが基本です。

支払手形記入帳の記入例

siharai-tegata-kinyu.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 受取手形記入帳は受け取った手形に対して、債権の発生から消滅までを記録する帳簿。

受取手形記入帳は簿記における『補助簿』の一つで、受け取った手形に対して、債権の発生から消滅までの記録をつけるための帳簿です。

受取手形記入帳への記入の手順

紙ベースで受取手形記入帳への記入を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 日付欄には、手形を受け取った月日を記入。
  2. 手形種類欄には、受け取った手形が「約束手形」か「為替手形」かを記入。
  3. 手形番号欄には、受け取った手形の番号を記入。
  4. 摘要欄には、手形債権が発生した原因を記入。
  5. 支払人欄には、約束手形なら振出人名、為替手形なら引受人名を記入。
  6. 振出人または裏書人欄にはその名前を記入。
  7. 振出日欄、満期日欄にはその日付を入れる。
  8. 支払場所欄には、指定された金融機関名を記入。
  9. 手形金額欄には、手形に書かれた額面金額を記入。
  10. てん末欄には、手形債権が消滅した日付を入れ、摘要欄にその原因を記入。
なお、1~9は手形を受け取った日に記入し、10の顛末欄は手形債権が消滅した日に記入するのが基本です。

受取手形記入帳の記入例

uketori-tegata-kinyu.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 買掛金元帳は得意先毎に買掛金の内容を記録する帳簿
  • 当座取引の多い企業向けの帳簿

買掛金元帳は簿記における『補助簿』の一つで、取引先毎に売掛金の取引を記録する帳簿です。
買掛金元帳の借方合計、貸方合計は総勘定元帳の買掛金勘定の借方合計、貸方合計と一致します。

買掛金元帳への記入の手順

紙ベースで買掛金元帳への記入を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 得意先名を記入
  2. 日付欄には、取引のあった月日を記入。
  3. 摘要欄には、「仕入」や「返品」など、売掛金が増減した取引の内容を記入。
  4. 貸方欄には、買掛金の金額を記入。
  5. 借方欄には、返品や値引き、支払った金額を記入。
  6. 借貸欄には、『貸』と記入。
  7. 残高欄には、一つの取引毎に残高を計算して記入。
  8. 【〆切時】 月末の日付を記入し、摘要欄に「次月繰越」と記入し、借方欄に〆切時点の残高を記入。この行は赤字で書くのが一般的。
  9. 【〆切時】 「次月繰越」の次の行に、借方欄/貸方欄それぞれの合計額を算出して記入し、上に合計線(赤の一重線)を引く。
  10. 【〆切時】 日付欄、借方欄~残高欄までに〆切線(赤の二重線)を引く。
  11. 【〆切時】 翌月1日に摘要欄に「前月繰越」と記入して、貸方欄と残高欄に前月の金額を記入。

買掛金元帳の記入例

kaikake-motocho.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 売掛金元帳は得意先毎に売掛金の内容を記録する帳簿
  • 当座取引の多い企業向けの帳簿

売掛金元帳は簿記における『補助簿』の一つで、取引先毎に売掛金の取引を記録する帳簿です。
売掛金元帳の借方合計、貸方合計は総勘定元帳の売掛金勘定の借方合計、貸方合計と一致します。

売掛金元帳への記入の手順

紙ベースで売掛金元帳への記入を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 得意先名を記入
  2. 日付欄には、取引のあった月日を記入。
  3. 摘要欄には、「売上」や「返品」など、売掛金が増減した取引の内容を記入。
  4. 借方欄には、売掛金の金額を記入。
  5. 貸方欄には、返品や値引き、回収した金額を記入。
  6. 借貸欄には、『借』と記入。
  7. 残高欄には、一つの取引毎に残高を計算して記入。
  8. 【〆切時】 月末の日付を記入し、摘要欄に「次月繰越」と記入し、貸方欄に〆切時点の残高を記入。この行は赤字で書くのが一般的。
  9. 【〆切時】 「次月繰越」の次の行に、借方欄/貸方欄それぞれの合計額を算出して記入し、上に合計線(赤の一重線)を引く。
  10. 【〆切時】 日付欄、借方欄~残高欄までに〆切線(赤の二重線)を引く。
  11. 【〆切時】 翌月1日に摘要欄に「前月繰越」と記入して、借方欄と残高欄に前月の金額を記入。

売掛金元帳の記入例

urikake-motocho.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 商品有高帳は商品の種類ごとに、仕入と売上を記録する補助簿。
  • 仕入単価の決め方は「先入先出法」や「移動平均法」を使う。

商品有高帳は簿記における『補助簿』の一つで、商品の種類ごとに、仕入れ(=受入)と、売上(=払出し)の下図、単価、金額を記録するものです。
受入と払出は原価をもとに行いますが、仕入れ単価が一定とは限りません。そのため、売上があったときに、いくらで仕入れた商品を払出したことにするのか、決めておく必要があります。
その、仕入れ単価の決め方には、先に仕入れたものから順に売れたとする「先入先出法」や、商品の仕入れの都度、平均を算出する「移動平均法」があります。

商品有高帳への記入の手順(先入先出法)

紙ベースで商品有高帳への記入を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
なお、商品「23型 PCモニター」に対して、以下のような売買取引があったものとして、記帳します。
  • 9月1日 前月繰越 15個 単価12,000円
  • 9月4日 25個を単価11,600円で仕入れる
  • 9月18日 18個売り上げる
  • 9月24日 7個売り上げる

  1. 商品名(23型 PCモニター)を記入
  2. 摘要欄を「前月繰越」とし、受入欄と残高欄に数量、単価、金額を記入。残高欄の金額が在庫高となる。
  3. 摘要欄に「仕入」と記入し、受入欄に数量、単価、金額を記入。
  4. 在庫分と単価が異なるので、残高欄を2行分使って記入し、カッコで括る。
  5. 摘要欄に「売上」と記入し、売上多数商品の内、まず前月繰越分を払い出す。
  6. 前月繰越分で払出しきれない物があれば、次に仕入れた分から払出し、カッコで括る。
  7. 【〆切時】 月末の日付を入れ、摘要欄を「次月繰越」として、払出し欄に残っている数量、単価、金額を赤字で書く。
  8. 【〆切時】 受入欄から払出欄まで、合計線を引く。
  9. 【〆切時】 受け入れの数量と金額、払出の数量と金額をそれぞれ合計して記入し、日付欄、受入欄~残高欄までに〆切線を引く。

商品有高帳への記入例(先入先出法)

shohin-aridaka-sakiire.png

商品有高帳への記入の手順(移動平均法)

移動平均法を使う場合、平均単価の算出は、以下の式で行うことになっている。

( 今回の受入前の残高金額 + 今回の受入金額 ) ÷ ( 今回の受入前の残高数量 + 今回の受入数量 )

よって、先述の商品「23型 PCモニター」に対しての取引の場合、前月繰越分の単価と4日の単価が違うので、4日の仕入れ時点で、以下のように計算して単価を求める。
( 180,000 + 290,000 ) / ( 15 + 25 ) = 470,000 / 40 = 11,750

これを踏まえて、移動平均法で商品有高帳への記入を行う場合、以下の手順となる。

  1. 商品名(23型 PCモニター)を記入
  2. 摘要欄を「前月繰越」とし、受入欄と残高欄に数量、単価、金額を記入。残高欄の金額が在庫高となる。
  3. 摘要欄に「仕入」と記入し、受入欄に数量、単価、金額を記入。
  4. 残高欄の数量と金額には、仕入れ直前の数量、金額と今回の数量、金額を合計した値を記入。単価欄には、先述の式に基づいて算出した金額を記入。
  5. 摘要欄に「売上」と記入し、払出欄に、数量、単価、金額を記入。
  6. 残高欄の数量、単価、金額に、直前の残高から今回の売上分を引いた値を記入。
  7. 【〆切時】 月末の日付を入れ、摘要欄を「次月繰越」として、払出し欄に残っている数量、単価、金額を赤字で書く。
  8. 【〆切時】 受入欄から払出欄まで、合計線を引く。
  9. 【〆切時】 受け入れの数量と金額、払出の数量と金額をそれぞれ合計して記入し、日付欄、受入欄~残高欄までに〆切線を引く。

商品有高帳への記入例(先入先出法)

shohin-aridaka-ido.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 売上帳は売り上げた商品の明細を記録するための補助簿。
  • 今後の販売計画の策定にも役立てることが出来る。

売上帳は簿記における『補助簿』の一つで、「いつ」「どこへ」「どの商品を」「どれくらい」「いくらで」販売したかという、売上の明細を記録するための帳簿です。
仕訳帳や総勘定元帳では、1回の取引で複数の品目を販売した場合、それをまとめて記載しますが、売上帳には売上の詳細を記録します。

売上帳への記入の手順

紙ベースで売上帳への転記を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 一つの取引毎に、日付連に日付を記入。
  2. 摘要欄に取引先名、決済方法を記入。
  3. 次の行の摘要欄に、1字分下げて、商品名、数量、単価を記入。
  4. 金額欄に、売価を記入。一つの取引で複数の品目があるときは、内訳欄にそれぞれの品目ごとの売価を書き、金額欄にその合計を記入。
  5. 売上後の返品や値引きはすべて赤字で記入。
  6. 一つの取引の金融が終わったら、摘要欄から内訳欄まで、赤で区画線を引く。
  7. 最後の取引には区画線を引かず、締め切る。
  8. 【〆切時】 金額欄の上に合計線を引く。
  9. 【〆切時】 摘要欄に「総売上高」と記入し、金額欄に売上金額の合計を記入。(赤字で記載した返品、値引きの額は除く)
  10. 【〆切時】 次の行の摘要欄に「売上値引・返品高」と記入し、金額欄に合計金額を記入。(いずれも赤字で)
  11. 【〆切時】 次の行の摘要欄に「純売上高」と記入し、金額欄に「総売上高」から「売上値引・返品高」を引いた金額を記入。
  12. 【〆切時】 「純売上高」の日付欄と金額欄の下部に〆切線を引く。

売上帳の記入例

uriage-cho.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 仕入帳は仕入れた商品の明細を記録するための補助簿。
  • 今後の仕入計画の策定にも役立てることが出来る。

仕入帳は簿記における『補助簿』の一つで、「いつ」「どこから」「どの商品を」「どれくらい」「いくらで」仕入れたかという、仕入の明細を記録するための帳簿です。
仕訳帳や総勘定元帳では、1回の取引で複数の品目を仕入れた場合、それをまとめて記載しますが、仕入帳には仕入の詳細を記録します。

仕入帳への記入の手順

紙ベースで仕入帳への転記を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
  1. 一つの取引毎に、日付連に日付を記入。
  2. 摘要欄に取引先名、決済方法を記入。
  3. 次の行の摘要欄に、1字分下げて、商品名、数量、単価を記入。
  4. 金額欄に、仕入原価を記入。一つの取引で複数の品目があるときは、内訳欄にそれぞれの品目ごとの仕入原価を書き、金額欄にその合計を記入。
  5. 仕入にかかった運賃なども、摘要欄~内訳欄に記入し、仕入代金に加算。
  6. 仕入後の返品や値引きはすべて赤字で記入。
  7. 一つの取引の金融が終わったら、摘要欄から内訳欄まで、赤で区画線を引く。
  8. 最後の取引には区画線を引かず、締め切る。
  9. 【〆切時】 金額欄の上に合計線を引く。
  10. 【〆切時】 摘要欄に「総仕入高」と記入し、金額欄に仕入金額の合計を記入。(赤字で記載した返品、値引きの額は除く)
  11. 【〆切時】 次の行の摘要欄に「仕入値引・返品高」と記入し、金額欄に合計金額を記入。(いずれも赤字で)
  12. 【〆切時】 次の行の摘要欄に「純仕入高」と記入し、金額欄に「総仕入高」から「仕入値引・返品高」を引いた金額を記入。
  13. 【〆切時】 「純仕入高」の日付欄と金額欄の下部に〆切線を引く。

仕入帳の記入例

siire-cho.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 小口現金出納帳は日々の企業活動で発生する少額の経費を管理する帳簿。
  • 小口現金は基本的に部署ごとに管理し、小払係が小口現金出納帳に記録する。
  • 小口現金への補給は月末か月初に行われるのが一般的。

小口現金出納帳は簿記における『補助簿』の一つで、日々発生する少額の経費を部署単位で記録する帳簿です。

小口現金出納帳への記入の手順

紙ベースで小口現金出納帳への転記を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
(この例はその月の支払い分を月末に支給する場合の例)
  1. 受入欄には、補給額を記入。
  2. 日付欄には、補給や支払いのあった月日を記入。
  3. 摘要欄には、その内容を記入。
  4. 支払欄と内訳欄に、支払った金額を記入。
  5. 残高欄には、支払い毎に残高を計算して金額を記入。
  6. 【〆切時】 支払欄から内訳欄まで合計線(赤の一重線)を引き、摘要欄に「合計」として支払欄と内訳欄にそれぞれの合計金額を記入。金額が一致することを確認し、内訳欄に〆切線(赤の二重線)を引く。
  7. 【〆切時】 受入欄にその月の支払いの合計額を記入し、月末の日付を記入し、摘要欄を「本日補給」とする。残高欄には残高と補給額を足した金額(=最初に預かった金額となる)を記入。
  8. 【〆切時】 更に月末の日付を記入し、摘要欄に「次月繰越」として、支払欄に月末残高を記入。これは赤字で書くのが一般的。
  9. 【〆切時】 受入欄と支払欄に合計線を引き、受入欄に受入欄の合計金額、支払欄に支払欄の合計金額を書いて、受入欄から日付欄までと、支払欄、残高欄に〆切線を引く。
  10. 【〆切時】 受入欄に受入金額、日付欄に翌月1日の日付、摘要欄に「前月繰越」と記入して、残高欄に繰越金額を記入。

小口現金出納帳の記入例

kokuchi-suitou.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 当座預金出納帳は当座取引の内容を記録する帳簿
  • 当座取引の多い企業向けの帳簿

当座預金出納帳は簿記における『補助簿』の一つで、当座預金でやり取りされた取引を記録する帳簿です。
小切手決済などの当座預金を使った取引の多い企業向けの帳簿とされています。

なお、当座預金出納帳においては、主要簿でおなじみの『借方』、『貸方』という表現は使いません。
受け取った金額は『預入』、支払った金額を『引出』として扱います。

当座預金出納帳への記入の手順

紙ベースで当座預金出納帳への転記を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
ただし、あくまでもこれは一例なので、細かい部分での差異は現場によってはあると思います。
  1. 日付欄には、取引のあった月日を記入。
  2. 摘要欄には、取引の内容を記入。
  3. 預入欄には、受け取った現金の金額を記入。
  4. 引出欄には、支払った現金の金額を記入。
  5. 残高欄には、一つの取引毎に残高を計算して金額を記入。
  6. 借貸欄には、残高がプラスのときは『借』、残高がマイナスのときは『貸』と記入。
  7. 【〆切時】 月末の日付を記入し、摘要欄に「次月繰越」と記入し、引出欄に〆切時点の残高を記入。この行は赤字で書くのが一般的。
  8. 【〆切時】 「次月繰越」の次の行に、預入欄/引出欄それぞれの合計額を算出して記入し、上に合計線(赤の一重線)を引く。
  9. 【〆切時】 日付欄、預入欄~残高欄までに〆切線(赤の二重線)を引く。
  10. 【〆切時】 翌月1日に摘要欄に「前月繰越」と記入して、預入欄と残高欄に前月の金額を記入。

当座預金出納帳の記入例

touza-suitou.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 現金出納帳は現金でやり取りされた取引を記録する帳簿
  • 現金に過不足があったときは摘要欄に「現金不足」、「現金過剰」と記入

現金出納帳は簿記における『補助簿』の一つで、現金でやり取りされた取引を記録する帳簿です。
現金の管理には欠かせない帳簿として紹介されていることが多いですが、残高式の『総勘定元帳』の現金のページを見ることで現金の入出金状況や残高は分かるので、主要簿ではなく補助簿という位置づけになっているのでしょう。

なお、現金出納帳においては、主要簿でおなじみの『借方』、『貸方』という表現は使いません。
受け取った金額は『収入』、支払った金額を『支出』として扱います。

現金出納帳への記入の手順

紙ベースで現金出納帳への転記を行う場合には、以下の様な手順で行うことになっています。
ただし、あくまでもこれは一例なので、細かい部分での差異は現場によってはあると思います。
  1. 日付欄には、取引のあった月日を記入。
  2. 摘要欄には、取引の内容を記入。
  3. 収入欄には、受け取った現金の金額を記入。
  4. 支出欄には、支払った現金の金額を記入。
  5. 残高欄には、一つの取引毎に残高を計算して金額を記入。
  6. 【〆切時】 月末の日付を記入し、摘要欄に「次月繰越」と記入し、支出欄に〆切時点の残高を記入。この行は赤字で書くのが一般的。
  7. 【〆切時】 「次月繰越」の次の行に、収入欄/支出欄それぞれの合計額を算出して記入し、上に合計線(赤の一重線)を引く。
  8. 【〆切時】 日付欄、収入欄~残高欄までに〆切線(赤の二重線)を引く。
  9. 【〆切時】 翌月1日に摘要欄に「前月繰越」と記入して、収入欄と残高欄に前月の金額を記入。
なお、過去の記帳や実際の出納にミスがあり、帳簿上の現金と実際の現金に差異が発生する場合、現金出納帳では現金過不足として処理します。
現金が不足した場合は、摘要欄に「現金不足」と記入し、支出欄にその金額を記入。
現金が多かった場合は、摘要欄に「現金過剰」と記入し、収入欄にその金額を記入。

現金出納帳の記入例

以前の記事で例示した仕訳帳を元に現金出納帳を作成すると以下のようになる。
genkin-suitou.png

システム的に見ると・・・

このページの上部へ