その他色々な仕訳 一覧

<概要>

  • 売買の取引を行う上で、代金の一部または全部を前もって支払うケースもある。
  • 『前払金』の支払い時には『仕入』勘定は計上しない。『仕入』は実際に商品・サービスを受け取った時に計上する。
  • 『前受金』の受け取り時には『売上』勘定は計上しない。『売上』は商品・サービスを収めた時に計上する。

実際の売買に先だって費用を支払うケース

例えば、個人でも自動車などの高額商品を購入するとき、手付金や内金という形で、費用の一部を先に支払うことがありますが、商取引の場合でも同様です。
商品・サービスの代金の一部または全部を前もって支払う場合、通常の仕入や売上時とは異なる勘定科目を用いて仕訳を行います。

この時に使用する勘定科目が、『前払金』と『前受金』になります。
ともに注意する点としては、『仕入』や『売上』を計上するのは、実際に商品・サービスの売買が行われたタイミングになりますので、『前払金』を支払った時点では『仕入』勘定は計上しませんし、『前受金』を受け取った時点では『売上』勘定は計上しません。

 

前払金・前受金に関する仕訳のルール

『前払金』 = 資産グループの勘定科目
『前受金』 = 負債グループの勘定科目

『前払金』は「本来、商品の受取時に支払うべき金額を仕入先に前貸ししている」という形になるので、資産グループの勘定となっています。
『前受金』は「本来、商品の納入時に受け取るべき金額を納入先から前借りしている」という形になるので、負債グループの勘定となっています。

  • 前払金を支払った : (借方)前払金に先払いした金額を記載 
    • 後日、商品を受け取った時 : (借方)本来の仕入の金額を記載 & (借方) 前払金に先払いした金額を記載 + 残りの金額を記載
  • 前受金を受け取った : (貸方)前受金に受け取った金額を記載
    • 後日、商品を納入した時 : (借方)前受金として受け取った金額 + 残りの金額 & (貸方)本来の売上金額を記載

前払金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
100万円分の商品を注文し、内金として10万円を現金で支払った。 前払金 : 100,000 現金 : 100,000
後日、注文していた商品を受け取り、代金の残りは支払手形を振り出した。
*仕入の計上はこのタイミング
仕入 : 1,000,000 前払金 : 100,000
支払手形 : 900,000

前受金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
100万円分の商品の注文を受け、内金として10万円を現金で受け取った。 現金 : 100,000 前受金 : 100,000
後日、注文されていた商品を納入し、代金の残りは手形で受け取った。
*売上の計上はこのタイミング
前受金 : 100,000
受取手形 : 900,000
売上 : 1,000,000

 

<概要>

  • 固定資産や有価証券の売買など、会社本来の活動以外で収入や費用が発生することもある。
  • そのうち、未だ支払われていない収入を『未収金』、支払っていない費用を『未払金』という。
  • 『売掛金』と『未収金』、『買掛金』と『未払金』を間違えないように注意が必要。

会社本来の活動以外での収入・費用

土地や建物、車両運搬具など、固定資産や有価証券を購入・売却することもあると思いますが、本来それらの売買行為は会社本来の活動ではありません。
ですが実際に売れば収入が上がりますし、購入すれば費用が発生します。さらに、その際の金額が必ずしも即時に支払われるとも限りません。
ある程度金額が大きい場合は、手形や小切手で後日支払いとするケースもあり、『債務』か『債権』が発生します。
そうなると、特定の勘定科目を用いて記帳する必要があります。
この際に使う勘定科目として、『未収金』と『未払金』があります。

商品・サービスの売買について後日支払いとする場合は、『売掛金』と『買掛金』を使いましたが、今回のケースでは使えません。
『売掛金』と『買掛金』は、会社本来の活動で生じた売上に対する『債権』や、仕入に対する『債務』を仕訳するための勘定科目です。
 

未収金・未払金に関する仕訳のルール

『未収金』 = 資産グループの勘定科目
『未払金』 = 負債グループの勘定科目

  • 有価証券を入手したが、一部を後日支払いとした : (貸方)未払金に後日支払いとした金額を記載 
  • 有価証券を売却したが、一部を後日受取とした : (借方)未収金に後日受取とした金額を記載

未収金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
AB物産株式会社の株式1,000株を550円/1株で購入し、手数料8,000円を合わせて、普通預金から振り込みで支払った。 有価証券 : 558,000 普通預金 : 558,000
先述の株式1,000株を60万円で売却したが、代金は翌月に受け取ることにした。 未収金 : 600,000 有価証券 : 558,000
有価証券売却益 : 42,000
先述の未収金を小切手で回収した。 現金 : 600,000 未収金 : 600,000

 

未払金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
営業用の車両を35万円で購入し、代金は翌月末払いとした。 車両運搬具 : 350,000 未払金 : 350,000
先述の未払金を、小切手を振り出して支払った。 未払金 : 350,000 当座預金 : 350,000

 

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2