帳簿への記入 一覧

<概要>

  • 売買の取引を行う上で、代金の一部または全部を前もって支払うケースもある。
  • 『前払金』の支払い時には『仕入』勘定は計上しない。『仕入』は実際に商品・サービスを受け取った時に計上する。
  • 『前受金』の受け取り時には『売上』勘定は計上しない。『売上』は商品・サービスを収めた時に計上する。

実際の売買に先だって費用を支払うケース

例えば、個人でも自動車などの高額商品を購入するとき、手付金や内金という形で、費用の一部を先に支払うことがありますが、商取引の場合でも同様です。
商品・サービスの代金の一部または全部を前もって支払う場合、通常の仕入や売上時とは異なる勘定科目を用いて仕訳を行います。

この時に使用する勘定科目が、『前払金』と『前受金』になります。
ともに注意する点としては、『仕入』や『売上』を計上するのは、実際に商品・サービスの売買が行われたタイミングになりますので、『前払金』を支払った時点では『仕入』勘定は計上しませんし、『前受金』を受け取った時点では『売上』勘定は計上しません。

 

前払金・前受金に関する仕訳のルール

『前払金』 = 資産グループの勘定科目
『前受金』 = 負債グループの勘定科目

『前払金』は「本来、商品の受取時に支払うべき金額を仕入先に前貸ししている」という形になるので、資産グループの勘定となっています。
『前受金』は「本来、商品の納入時に受け取るべき金額を納入先から前借りしている」という形になるので、負債グループの勘定となっています。

  • 前払金を支払った : (借方)前払金に先払いした金額を記載 
    • 後日、商品を受け取った時 : (借方)本来の仕入の金額を記載 & (借方) 前払金に先払いした金額を記載 + 残りの金額を記載
  • 前受金を受け取った : (貸方)前受金に受け取った金額を記載
    • 後日、商品を納入した時 : (借方)前受金として受け取った金額 + 残りの金額 & (貸方)本来の売上金額を記載

前払金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
100万円分の商品を注文し、内金として10万円を現金で支払った。 前払金 : 100,000 現金 : 100,000
後日、注文していた商品を受け取り、代金の残りは支払手形を振り出した。
*仕入の計上はこのタイミング
仕入 : 1,000,000 前払金 : 100,000
支払手形 : 900,000

前受金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
100万円分の商品の注文を受け、内金として10万円を現金で受け取った。 現金 : 100,000 前受金 : 100,000
後日、注文されていた商品を納入し、代金の残りは手形で受け取った。
*売上の計上はこのタイミング
前受金 : 100,000
受取手形 : 900,000
売上 : 1,000,000

 

<概要>

  • 固定資産や有価証券の売買など、会社本来の活動以外で収入や費用が発生することもある。
  • そのうち、未だ支払われていない収入を『未収金』、支払っていない費用を『未払金』という。
  • 『売掛金』と『未収金』、『買掛金』と『未払金』を間違えないように注意が必要。

会社本来の活動以外での収入・費用

土地や建物、車両運搬具など、固定資産や有価証券を購入・売却することもあると思いますが、本来それらの売買行為は会社本来の活動ではありません。
ですが実際に売れば収入が上がりますし、購入すれば費用が発生します。さらに、その際の金額が必ずしも即時に支払われるとも限りません。
ある程度金額が大きい場合は、手形や小切手で後日支払いとするケースもあり、『債務』か『債権』が発生します。
そうなると、特定の勘定科目を用いて記帳する必要があります。
この際に使う勘定科目として、『未収金』と『未払金』があります。

商品・サービスの売買について後日支払いとする場合は、『売掛金』と『買掛金』を使いましたが、今回のケースでは使えません。
『売掛金』と『買掛金』は、会社本来の活動で生じた売上に対する『債権』や、仕入に対する『債務』を仕訳するための勘定科目です。
 

未収金・未払金に関する仕訳のルール

『未収金』 = 資産グループの勘定科目
『未払金』 = 負債グループの勘定科目

  • 有価証券を入手したが、一部を後日支払いとした : (貸方)未払金に後日支払いとした金額を記載 
  • 有価証券を売却したが、一部を後日受取とした : (借方)未収金に後日受取とした金額を記載

未収金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
AB物産株式会社の株式1,000株を550円/1株で購入し、手数料8,000円を合わせて、普通預金から振り込みで支払った。 有価証券 : 558,000 普通預金 : 558,000
先述の株式1,000株を60万円で売却したが、代金は翌月に受け取ることにした。 未収金 : 600,000 有価証券 : 558,000
有価証券売却益 : 42,000
先述の未収金を小切手で回収した。 現金 : 600,000 未収金 : 600,000

 

未払金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
営業用の車両を35万円で購入し、代金は翌月末払いとした。 車両運搬具 : 350,000 未払金 : 350,000
先述の未払金を、小切手を振り出して支払った。 未払金 : 350,000 当座預金 : 350,000

 

<概要>

  • 有価証券とは、売買を目的として所有している株式、社債、国債、地方債のこと。
  • 有価証券を購入した時は借方に取得原価(購入価格+付随する費用)を記入する。
  • 有価証券を売却した時は、貸方に取得原価を記入し、売却時の損益は売却益or売却損として記入する。

有価証券の売買に関する仕訳のルール

有価証券は、売買を目的として所有している株式、社債、国債、地方債のことを指し、いわゆる『流動資産』の一種です。

『有価証券』 = 資産グループの勘定科目

  • 有価証券を入手した : (借方)有価証券に取得原価を記載 
  • 有価証券を売却した : (貸方)有価証券の取得原価を記載 & 損益を記載

有価証券を入手した場合、『記入する金額はいくらか』という点に注意が必要になります。

有価証券の取得原価 = 購入代金 + 付随費用

となりますので、資産自体の価格に加えて、証券会社への手数料などが発生していればそれも取得原価に加えます。

有価証券購入時の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
AB物産株式会社の株式1,000株を550円/1株で購入し、手数料8,000円を合わせて、普通預金から振り込みで支払った。 有価証券 : 558,000 普通預金 : 558,000

 

有価証券の売却時の仕訳のルール

有価証券の売却時には、必ずしも入手時と同額で売却できる保証はありませんので、収益or損失が発生します。
そのため、売却時には損益を計算し、その金額を合わせて記入する必要があります。

  • 取得原価 > 売却金額 : 費用グループの『有価証券売却損』勘定を使用
  • 取得原価 < 売却金額 : 収益グループの『有価証券売却益』勘定を使用

事例 借方 貸方
先述のAB物産株式会社の株式の内、500株を1株660円で売却し、代金は普通預金に入金された。 普通預金 : 330,000 有価証券 : 279,000
有価証券売却益 : 51,000
AB物産株式会社の株式の内、残りの500株を1株400円で売却し、代金は現金で受け取った。 現金 : 200,000
有価証券売却損 : 79,000
有価証券 : 279,000

株式の取得時の金額は1株あたり550円でしたが、これに付随費用が加わっていることは注意する必要があります。
売買時の貸方金額を記入する際に、「550円 × 500株」と計算しないようにしましょう。
*正しくは、( 550円 × 1,000株 + 8000円 ) ÷ 1,000株 = 558円 が1株あたりの取得原価となります。

<概要>

  • 固定資産には、形のある『有形固定資産』と形のない『無形固定資産』がある。
  • 固定資産を購入した時は取得原価で記入する。
  • 固定資産を売却した時は、「直接法」または「間接法」で記入する。

固定資産とは?

所有する資産の内、使用期間が1年以上の長期に渡るものを『固定資産』とよんでいます。

  • 有形固定資産 : 土地、建物、備品、車両など形状のあるもの
  • 無形固定資産 : 特許権、商標権、著作権など形状はないが、法律によって権利が認められている資産

 

固定資産の売買に関する仕訳のルール

『固定資産』 = 資産グループの勘定科目

  • 固定資産を入手した : (借方)該当する勘定科目の増加 
  • 固定資産を売却した : (貸方)該当する勘定科目の減少

固定資産の入手時の仕訳

固定資産を入手した場合、『具体的にどの勘定科目になるのか』、『記入する金額はいくらか』という点に注意が必要になります。
どの勘定科目になるのかは、具体的な品名と照らしあわせて適切な勘定科目を選択して仕訳をしましょう。
また、ポイントになるのは記入する金額です。

固定資産の取得原価 = 購入代金 + 付随費用

となりますので、資産自体の価格に加えて、運送費など何らかの手数料が発生していればそれも取得原価に加えます。

固定資産購入時の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
事業のために使用する自動車を250万円で購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。
また、車両の陸送費として3万円を現金で支払った。
車両 : 2,530,000 支払手形 : 2,500,000
現金 : 30,000
新商品のパッケージデザインの著作権をデザイナーから60万円で買い取った。支払いは現金で行った。 著作権 : 600,000 現金 : 600,000

 

固定資産の売却時の仕訳のルール

固定資産の売却時には、購入時よりも気をつけるべき点が多くあります。
固定資産がどの勘定科目になるのかは、購入時に既にわかっているのでその点は問題ありませんが、売却時特有のポイントとして以下の2点があります。

  • 帳簿価格と売却時の金額に差がある場合にどうするか
  • 差額があった場合、どの勘定科目で記帳するのか

まず、取得原価と売却金額に差がある場合ですが、実際には差がある場合が殆どでしょう。取得原価と売却金額のどちらが高かったかで、使う勘定科目は変わります。

  • 帳簿価格 > 売却金額 : 費用グループの『固定資産除去損』勘定を使用
  • 帳簿価格 < 売却金額 : 収益グループの『固定資産売却益』勘定を使用

さらに、土地などの一部を除く固定資産(特に有形固定資産に多い)の場合、使用している間に少しずつ価値が減少します。
詳細は決算時の仕訳で計算方法を紹介しますが、減少した分は期末に『減価償却』として処理します。

ですので、売却時の『帳簿価格』は、『取得原価』 から 『減価償却累計額』 を差し引いた額となりますので、その金額と売却金額を比較し、売却益になるのか除去損になるのか判断しましょう。
また、売却時の記帳で『減価償却』された分の金額をどう扱うかによって、「直接法」と「間接法」という2つの方法が用意されています。

直接法による仕訳

  • 貸方に該当する固定資産の『帳簿価格』(取得原価-減価償却累計額)を記入する。
  • 帳簿価格と売却価格の差額を『固定資産売却益』、または『固定資産除去損』として処理する。
  • 売買時の仕訳に『減価償却累計額』は登場しない。
事例 借方 貸方
事業のために使用する自動車を250万円で購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。 車両 : 2,500,000 支払手形 : 2,500,000
上記の車両を220万円で売却し、代金は当座預金に入金された。
なお、売却時の減価償却累計額は50万円であった。
当座預金 : 2,200,000 車両 : 2,000,000
固定資産売却益 : 200,000
業務用のパソコンを60万円で購入し、代金は現金で支払った。 備品 : 600,000 現金 : 600,000
上記のパソコンを30万円で売却し、代金は現金で受け取った。
なお、売却時の減価償却累計額は10万円であった。
現金 : 300,000
固定資産除去損 : 200,000
備品 : 500,000

 

間接法による仕訳

  • 貸方に該当する固定資産の『取得原価』をそのまま記入する。
  • 借方に『減価償却累計額』を記入する。
  • 帳簿価格と売却価格の差額を『固定資産売却益』、または『固定資産除去損』として処理する。
事例 借方 貸方
事業のために使用する自動車を250万円で購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。 車両 : 2,500,000 支払手形 : 2,500,000
上記の車両を220万円で売却し、代金は当座預金に入金された。
なお、売却時の減価償却累計額は50万円であった。
当座預金 : 2,200,000
減価償却累計額 : 500,000
車両 : 2,500,000
固定資産売却益 : 200,000
業務用のパソコンを60万円で購入し、代金は現金で支払った。 備品 : 600,000 現金 : 600,000
上記のパソコンを30万円で売却し、代金は現金で受け取った。
なお、売却時の減価償却累計額は10万円であった。
現金 : 300,000
固定資産除去損 : 200,000
減価償却累計額 : 100,000
備品 : 600,000

 

<概要>

  • 支払期日前に受取手形を銀行に持ち込んで、『割引手形』として現金化することが出来る。
  • 支払手形の支払い期日に代金の準備が出来ていない場合、『手形の更改』という手続きで、支払期日を延期してもらうことが出来る。

受取手形を期日前に買い取ってもらう

基本的に、受け取った約束手形や為替手形は支払期日に現金化(もしくは銀行口座に入金)されますが、資金繰りの都合で少しでも早く現金が手元にほしいケースもあるでしょう。
そのような場合、『割引手形』という方法で、受取手形を現金化することが出来ます。

『受取手形』は指定の期日に現金化することを約束して振り出しているものですので、銀行に期日前に持ち込んでも額面通りの金額をそのまま受け取ることはできません。
どうしても現金化したい場合は、この手形を銀行に買い取ってもらう形を取るのですが、その際には銀行に手数料を支払う必要があります。
この手数料は、手形の買取日から満期日までの金利分となり、この金利に相当する金額を『手形割引料』といいます。
実際の手形の現金化時には、手形の額面金額から『手形割引料』を差し引いて受け取ることになります。

割引手形の仕訳のルール

先述の『手形割引料』は、簿記では『手形売却損』として記帳します。

『手形売却損』 = 費用グループの勘定科目

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金は約束手形で受け取った。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
先述の約束手形の期日は来ていないが、急ぎ現金が必要になったので、銀行に持ち込み、『割引手形』として買い取ってもらった。
手形割引料は6,000円であった。
現金 : 494,000
手形売却損 : 6,000
受取手形 : 500,000

 

支払手形の支払期日を延長してもらう

手形の支払期日に代金が準備出来ていないと、『不渡り』となってしまいます。
それを避けるために、手形の支払人が手形の所持人の了承を得たうえで、手形の期日を延期してもらう方法があります。
この手続きのことを、『手形の更改』といいます。

通常は、期日を延長した際には、延長分の利息をもともとの額面金額に加えて支払う必要があります。
その際、支払人は『支払利息』勘定で、受取人は『受取利息』勘定でそれぞれ仕訳を行います。

手形の更改を行った場合の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を仕入、代金は約束手形を振り出した。 仕入 : 500,000 支払手形 : 500,000
先述の支払手形について、期日を延長してもらい、1ヶ月後に当座預金から支払った。
なお、1ヶ月分の利息は5,000円であった。
支払手形 : 500,000
支払利息 : 5,000
当座預金 : 505,000

 

<概要>

  • 支払期日前に第三者に譲渡した手形を裏書手形という。
  • 手形の裏書をした人(=もともと持っていた人)を『裏書人』、譲渡された人を『被裏書人』という
  • 使うシーンは為替手形と似ているが、記帳方法は異なる。

手形は譲渡することも出来る

基本的に、受け取った約束手形や為替手形は支払期日に現金化(もしくは銀行口座に入金)されますが、この期日前の手形を譲渡して支払いに充てることも出来ます。
譲渡の際には、手形の裏面に必要事項を記入し捺印します。この作業を『手形の裏書』といいます。
この手形は裏書することによって所有者が変わり、手形債権も新しい所有者に移ります。
(必要事項)裏書人の住所・氏名・捺印、および被裏書人の名前。

まだ現金化されていない債権を使って、支払いに当てるという点では『為替手形』と似たような点はありますが、大きな違いは手元に『受取手形』があるかどうかです。
*『為替手形』を使う場合は、『売掛金』として債権が確定しているものの、入金もされていないし、手形を受け取っている訳でもない債権を使って、別の第三者への支払いに充てるものでした。
 

  • 約束手形 : 手形の振出人が受取人に対して、一定の期日に手形に書かれた金額を支払うことを約束したもの。
  • 為替手形 : 手形の振出人が第三者(=引受人)に額面金額を受取人に対して一定の期日に支払うよう委託したもの。

それぞれの手形を使った取引を簡単なイメージに表すと、それぞれ以下の様な流れとなります。

裏書手形の仕訳のルール

  • 裏書手形を譲渡した : (貸方)受取手形の減少
    • 手形債権が減少したことになるため
  • 裏書手形を譲渡された : (借方)受取手形の増加
    • 手形債権が増加したことになるため

裏書手形の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金は約束手形を裏書譲渡された。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
1,000円の商品×1,000個を仕入れ、代金のうち50万円は先述の裏書譲渡されていた約束手形を、裏書して譲渡した。
不足分は別途、約束手形を振り出して支払った。
仕入 : 1,000,000 受取手形 : 500,000
支払手形 : 500,000

 

<概要>

  • 手形には法律上の区別として『約束手形』と『振替手形』の2種類がある。
  • 簿記においては両者の区別はなく、『受取手形』と『支払手形』の区別がある。
  • 『受取手形』は資産グループ、『支払手形』は負債グループの勘定科目。
  • 手形は小切手と違い、期日に決済される。

手形の仕組み

『当座預金』の説明で少し触れましたが、当座預金の役割には『小切手』の使用の他に、『手形取引』があります。
『手形』とは決まった期日に記載されている金額を支払うことを約束した証券のことです。
小切手と同様に売買取引の際に、現金の代わりに使われ、振出人が手形を振り出し、受取人が手形を銀行に呈示して支払いを受ける点は小切手と共通していますが、大きな違いとして、手形は決まった期日に決済が行われます。
この手形には、法律上の区別として『約束手形』と『為替手形』の2種類があります。

  • 約束手形 : 手形の振出人が受取人に対して、一定の期日に手形に書かれた金額を支払うことを約束したもの。
  • 為替手形 : 手形の振出人が第三者(=引受人)に額面金額を受取人に対して一定の期日に支払うよう委託したもの。

それぞれの手形を使った取引を簡単なイメージに表すと、それぞれ以下の様な流れとなります。

yakusoku-tegata.png

約束手形の仕組み

 

kawase-tegata.png為替手形の仕組み
 

手形取引の仕訳のルール

法律上の区別として、『約束手形』と『為替手形』という違いがある点は紹介しましたが、簿記の仕訳においてはこの区別は存在しません。
簿記においては、その手形を『支払い』に使ったのか、代金の『受取』に使ったかの違いが重要となります。

  • 受取手形 : 商品代金や売掛金の回収で受け取った約束手形・為替手形
  • 支払手形 : 仕入の代金や買掛金の支払いで振り出した約束手形・為替手形

『受取手形』 = 資産グループの勘定科目
『支払手形』 = 負債グループの勘定科目

  • 約束手形を受け取った : (借方)受取手形の増加
  • 約束手形の期日が来て現金化した : (借方)現金の増加 & (貸方)受取手形の減少
  • 約束手形を振り出した : (貸方)支払手形の増加
  • 約束手形の期日が来て、当座預金で決済された:(借方)支払手形の減少 & (貸方)当座預金の減少

約束手形の仕訳の具体例

約束手形を受け取ったケース

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金を約束手形で受け取った。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
先述の約束手形の期日が来て、当座預金口座に入金された。 当座預金 : 500,000 受取手形 : 500,000

 

約束手形を振り出したケース

事例 借方 貸方
1,500円の商品×200個を仕入れ、代金は約束手形を振り出して支払った。 仕入 : 300,000 支払手形 : 300,000
先述の約束手形の期日が来て、当座預金口座から払いだされた。 支払手形 : 300,000 当座預金 : 300,000

為替手形の場合の特殊な仕訳

簿記の仕訳において、確かに勘定科目として『約束手形』と『為替手形』に区別はありません。
手形を受け取る分には『約束手形』も『為替手形』も、受け取った場合は『受取手形』科目で仕訳をします。
ですが、『為替手形』の場合、振出人には手形債権も手形債務も発生せず、債務を追うのは『振替手形』の引受人となります。

ちょっとイメージが湧きにくいので、先述のイラストを踏まえて具体的な流れや、各社の仕訳を見ていきましょう。
kawase-tegata.png

為替手形の仕訳の具体例

以下の様な前提を踏まえて、各社の仕訳がどうなるのかを確認します。
  • A社はB社に対して売掛金80万円がある。
  • A社はC社から商品を仕入れ、買掛金80万円がある。
  • このケースでは、A社が振出人、B社が引受人、C社が受取人となる。

振出人のA社の仕訳

事例 借方 貸方
C社に対する買掛金80万円の支払いのために、売掛金のあるB社宛の為替手形を振り出し、C社に渡した。
*仕訳上は、C社に対する買掛金を、B社に対する売掛金で相殺したイメージとなる。
買掛金 : 800,000 売掛金 : 800,000

引受人B社の仕訳

事例 借方 貸方
A社から為替手形80万円を引き受けて、A社への買掛金と相殺した。 買掛金 : 800,000 支払手形 : 800,000
先述の為替手形の期日が来て、当座預金口座から払いだされた。 支払手形 : 800,000 当座預金 : 800,000

 

受取人C社の仕訳

事例 借方 貸方
A社への売掛金80万円を為替手形で受け取った。 受取手形 : 800,000 売掛金 : 800,000
先述の為替手形の期日が来て、当座預金口座に入金された。 当座預金 : 800,000 受取手形 : 800,000

 

<概要>

  • 返品や値引きによって、『仕入』や『売上』の金額が後で変わることもある
  • その場合は、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行う。

返品や値引きが発生した場合

商売上、売り買いした商品に何らかの問題があり、返品が発生したり、返品しないまでも値引きをするようなケースは無いに越したことはありませんが、想定はしておかなくてはいけません。
発生したケースによって呼び方それぞれありますが、仕訳の方法としては、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳をする。という点で共通しています。

  • 仕入返品 : 仕入れた商品を返すこと。
  • 仕入値引 : 仕入れた商品に対して、代金を安くしてもらうこと。
  • 売上返品 : 売り上げた商品が返品されること。
  • 売上値引 : 売り上げた商品に対して、代金を値引くこと。
この際、簿記のルールとして気をつける必要があるのは、最初の売上や仕入の取引の仕訳そのものを修正してはいけません。
最初の売上や仕入の取引と、返品や値引きはあくまでも別の取引になるので、結果としては同じでも、返品や値引きも独立した取引として仕訳する必要があります。

返品や値引きが発生した場合の仕訳のルール

ここでは、特に新しく登場する勘定科目はありません。
先述の通り、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行うので、以下のようになります。
  • 仕入返品&仕入値引 : (貸方)仕入の減少
  • 売上返品&売上値引 : (借方)売上の減少

仕入返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品が頼んだものとは別のものだったので、全て返品した。 買掛金 : 500,000 仕入 : 500,000

仕入値引きの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品の一部のパッケージに汚れがあったため、1万円分の値引きを受けた。 買掛金 : 10,000 仕入 : 10,000

売上返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個、掛取引で販売した。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送ミスで別のもの発送してしまったため、全て返品された。 売上 : 500,000 売掛金 : 500,000

売上値引の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送した商品の一部のパッケージに汚れがあったため、3万円分値引きした。 売上 : 30,000 売掛金 : 30,000

<概要>

  • 商品の仕入や販売に掛かる費用のことを『諸掛り』という。
  • 『仕入諸掛り』は、仕入の際に掛かる経費のこと。これと商品の代金を合わせたものが、『仕入原価』となる。
  • 『仕入諸掛り』という勘定はなく、商品代金と合わせて『仕入』勘定で処理する。
  • 『売上諸掛り』は商品を販売した際に掛かる経費のこと。
  • 『売上諸掛り』という勘定もなく、送料なら通信費や発送費等として仕訳する。

商品売買の際にまつわる経費

実体のある商品にかぎらず、サービスの提供の場合であっても、売買の取引をする際には、商品・サービスそのものの価格以外に、何らかの費用がかかるケースが多々あります。
商品であれば、対面での手渡しでもなければ、郵送や配送を行い、それには費用がかかります。
サービスの提供であったとしても、請求書を郵送すれば、切手代が必要になります。

こういった、売買取引に関連する様々な費用を総称して、『諸掛かり』とよんでいます。

  • 仕入諸掛り : 商品・製品を仕入れる際にかかる運送費などの諸費用
  • 売上諸掛り : 商品・製品を販売する際にかかる運送費などの費用

仕入諸掛りの仕訳のルール

『仕入諸掛り』という勘定はなく、費用グループの『仕入』勘定で処理する必要があります。
そのため、仕訳の際には、以下のように計算をした額を記帳します。

『仕入代金』 + 『仕入諸掛り』 = 『仕入』勘定に記帳する金額

  • 掛取引で製品を仕入れ、その際の送料は現金で支払った。 : (貸方)買掛金の増加 + 現金の減少

仕入諸掛りの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
店頭で販売する商品15万円分を掛取引で仕入れ、運送料5,000円は現金で受け取り時に支払った。 仕入 : 155,000 買掛金 : 150,000
現金 : 5,000

 

売上諸掛りによる仕訳のルール

『売上諸掛り』という勘定はないのですが、実際にどの勘定で処理するかは、ケースによって異なります。
*実際にどんな種類の費用がかかったのか。
*その費用を自分が負担するのか、先方が負担するのか。

  • 販売の際の発送費用を自分で負担する場合 : (借方)発送費(費用グループ)の増加
  • 発送費は先方が負担するが、発送時に立替えて支払った : (借方)売掛金の増加 or (借方)立替金の増加

売上諸掛りの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
商品50万円分を掛取引で販売した。発送時に運賃5,000円がかかったが、当方の負担で現金で支払った。 売掛金 : 500,000
発送費 : 5,000
売上 : 500,000
現金 : 5,000
商品50万円分を掛取引で販売した。発送運賃5,000円は先方が負担するが、当方にて立替えてた。
*売掛金にプラスして仕訳
売掛金 : 505,000 売上 : 500,000
現金 : 5,000
商品50万円分を掛取引で販売した。発送運賃5,000円は先方が負担するが、当方にて立替えてた。
*別途、立替金として仕訳
売掛金 : 500,000
立替金 : 5,000
売上 : 500,000
現金 : 5,000

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 掛取引とは、代金を後で精算する取引のこと。
  • 商品を売って、まだ入金されていない代金を売掛金という。
  • 商品を仕入れて、まだ支払っていない代金を買掛金という

掛取引とは?

これは筆者のようなサービス業の個人事業主でも度々使用する取引なのですが、システム開発を請け負って、納入したからといってすぐに代金を現金でもらえることはほとんどありません。通常は、『請求書』などを発行し、翌月末までに入金してもらう、といったパターンが多いでしょう。
商品の売買であっても、企業同士の取引の場合などは、現金を即座にやり取りするのではなく、後日精算を約束して取引をすることもあります。

この、「代金を後日生産する約束で行う取引」のことを『掛取引』とよんでいます。

この『掛取引』に登場する勘定として、以下のものがあります。

  • 売掛金 : 商品・製品を販売して、まだ入金されていない代金
  • 買掛金 : 商品・製品を仕入れて、まだ支払っていない代金

売掛金による仕訳のルール

『売掛金』 = 資産グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを販売した : (借方)売掛金の増加
  • 売掛金が入金された : (貸方)売掛金の減少

売掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
受託していたシステムを納入し、代金の50万円は請求書を発行し、翌月末までに支払ってもらうことにした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
先述の売掛金が普通預金に入金された。 普通預金 : 500,000 売掛金 : 500,000

 

買掛金による仕訳のルール

『買掛金』 = 負債グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを購入した : (貸方)買掛金の増加
  • 買掛金を精算した : (借方)買掛金の減少

買掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
Webサイトのデザインを外部に発注し、代金の50万円は請求書を受取し、翌月末までに支払うことにした。 外注工費 : 500,000 買掛金 : 500,000
先述の買掛金を普通預金から振り込んだ。 買掛金 : 500,000 普通預金 : 500,000

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2