商品売買の仕訳 一覧

<概要>

  • 『三分法』で商品売買を記帳している場合、原価計算を決算時に行う。
  • 売上原価 = 期首商品有高 + 当期仕入高 - 期末商品有高
  • 売上総利益 = 売上高 - 売上原価
  • 決算整理仕訳時に、期首商品有高を『繰越商品』勘定から『仕入』勘定に振り替え
  • 決算整理仕訳時に、期末商品有高を『仕入』勘定から『繰越商品』勘定に振り替え

筆者の様な、原価が発生しないITサービス業であれば必要ないのですが、商品の売買がメインの場合、『売上』がそのまま手元に利益として残るわけではなく、仕入時の『売上原価』というものが発生していますので、手元に残る利益は売上から売上原価を引いたものになります。

『売上総利益』 = 『売上高』 - 『売上原価』

と、基本はそうなのですが、このような単純な式で計算できるのは、前期からの繰越商品もなく、期末に売れ残った商品も無い場合に限られます。

商品売買の記帳方法では、『分記法』と『三分方』を以前の記事で紹介していますが、どちらかと言うと一般的なのは『三分法』の方です。
『分記法』では、個別の売買時に売買益を出しているので、それを積算すれば当期総利益は算出できますが、『三分法』の場合は決算時に『売上原価』を算出して、それを元に『売上総利益』を算出する必要があります。

『売上原価』は基本的には当期に売り上げた商品の仕入原価のことを指しますので、当期の『仕入』勘定を積算すればよい・・・とはなりません。
多くの場合、前期に仕入れた商品も期首の時点で残っているので、その分を加味する必要があるからです。
ですので、売上原価の計算にあたっては、当期の仕入高に前期末の在庫(=期首商品有高)を加え、そこから期末時点で残っている在庫(=期末商品有)を差し引くと当期の売上原価が求められます。

『売上原価』 = 『期首商品有高』 + 『当期仕入高』 - 『期末商品有高』
 

 

原価計算の例

仕入れ単価700円の商品が、期首に150個あり、期中に1,000個仕入れ、期末に100個残った。

genka001.png上図の場合、以下の値がそれぞれ求められる。

  • 期首商品有高 : 700円 × 150個 = 105,000円
  • 当期仕入高 : 700円 × 1,000個 = 700,000円
  • 期末商品有高 : 700円 × 100個 = 70,000円

求めた数字を元に、売上原価を求める。
genka002.png売上原価 : 105,000円 + 700,000円 - 70,000円 = 735,000円
 

決算時に売上原価に関連する仕訳を行う

先に『原価計算』の一連の流れを紹介しましたが、それに沿う形で決算整理仕訳時に『期首商品有高』、『期末商品有高』の仕訳を行います。

1.期首商品有高を『繰越商品』勘定から『仕入』勘定に振り替える

事例 借方 貸方
仕入れ単価700円の商品が、期首に150個あった。 仕入 : 105,000 繰越商品 : 105,000
この時点で、『仕入』勘定の残高が『売上原価』を示す。

2.期末商品有高を『仕入』勘定から『繰越商品』勘定に振り替える

事例 借方 貸方
仕入れ単価700円の商品が、期末にに100個残った。 繰越商品 : 70,000 仕入 : 70,000
この時点で、『繰越商品』の残高は、『期首商品有高』から『期末商品有高』へと修正される。

 

さらに、この決算整理仕訳を精算表に反映すると数のようになり、売上原価と期末商品有高が精算表上に現れる。
(図は「精算表」から関連箇所だけを抜粋したもの)
genka003.png

 


<概要>

  • 返品や値引きによって、『仕入』や『売上』の金額が後で変わることもある
  • その場合は、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行う。

返品や値引きが発生した場合

商売上、売り買いした商品に何らかの問題があり、返品が発生したり、返品しないまでも値引きをするようなケースは無いに越したことはありませんが、想定はしておかなくてはいけません。
発生したケースによって呼び方それぞれありますが、仕訳の方法としては、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳をする。という点で共通しています。

  • 仕入返品 : 仕入れた商品を返すこと。
  • 仕入値引 : 仕入れた商品に対して、代金を安くしてもらうこと。
  • 売上返品 : 売り上げた商品が返品されること。
  • 売上値引 : 売り上げた商品に対して、代金を値引くこと。
この際、簿記のルールとして気をつける必要があるのは、最初の売上や仕入の取引の仕訳そのものを修正してはいけません。
最初の売上や仕入の取引と、返品や値引きはあくまでも別の取引になるので、結果としては同じでも、返品や値引きも独立した取引として仕訳する必要があります。

返品や値引きが発生した場合の仕訳のルール

ここでは、特に新しく登場する勘定科目はありません。
先述の通り、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行うので、以下のようになります。
  • 仕入返品&仕入値引 : (貸方)仕入の減少
  • 売上返品&売上値引 : (借方)売上の減少

仕入返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品が頼んだものとは別のものだったので、全て返品した。 買掛金 : 500,000 仕入 : 500,000

仕入値引きの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品の一部のパッケージに汚れがあったため、1万円分の値引きを受けた。 買掛金 : 10,000 仕入 : 10,000

売上返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個、掛取引で販売した。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送ミスで別のもの発送してしまったため、全て返品された。 売上 : 500,000 売掛金 : 500,000

売上値引の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送した商品の一部のパッケージに汚れがあったため、3万円分値引きした。 売上 : 30,000 売掛金 : 30,000

<概要>

  • 商品の仕入や販売に掛かる費用のことを『諸掛り』という。
  • 『仕入諸掛り』は、仕入の際に掛かる経費のこと。これと商品の代金を合わせたものが、『仕入原価』となる。
  • 『仕入諸掛り』という勘定はなく、商品代金と合わせて『仕入』勘定で処理する。
  • 『売上諸掛り』は商品を販売した際に掛かる経費のこと。
  • 『売上諸掛り』という勘定もなく、送料なら通信費や発送費等として仕訳する。

商品売買の際にまつわる経費

実体のある商品にかぎらず、サービスの提供の場合であっても、売買の取引をする際には、商品・サービスそのものの価格以外に、何らかの費用がかかるケースが多々あります。
商品であれば、対面での手渡しでもなければ、郵送や配送を行い、それには費用がかかります。
サービスの提供であったとしても、請求書を郵送すれば、切手代が必要になります。

こういった、売買取引に関連する様々な費用を総称して、『諸掛かり』とよんでいます。

  • 仕入諸掛り : 商品・製品を仕入れる際にかかる運送費などの諸費用
  • 売上諸掛り : 商品・製品を販売する際にかかる運送費などの費用

仕入諸掛りの仕訳のルール

『仕入諸掛り』という勘定はなく、費用グループの『仕入』勘定で処理する必要があります。
そのため、仕訳の際には、以下のように計算をした額を記帳します。

『仕入代金』 + 『仕入諸掛り』 = 『仕入』勘定に記帳する金額

  • 掛取引で製品を仕入れ、その際の送料は現金で支払った。 : (貸方)買掛金の増加 + 現金の減少

仕入諸掛りの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
店頭で販売する商品15万円分を掛取引で仕入れ、運送料5,000円は現金で受け取り時に支払った。 仕入 : 155,000 買掛金 : 150,000
現金 : 5,000

 

売上諸掛りによる仕訳のルール

『売上諸掛り』という勘定はないのですが、実際にどの勘定で処理するかは、ケースによって異なります。
*実際にどんな種類の費用がかかったのか。
*その費用を自分が負担するのか、先方が負担するのか。

  • 販売の際の発送費用を自分で負担する場合 : (借方)発送費(費用グループ)の増加
  • 発送費は先方が負担するが、発送時に立替えて支払った : (借方)売掛金の増加 or (借方)立替金の増加

売上諸掛りの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
商品50万円分を掛取引で販売した。発送時に運賃5,000円がかかったが、当方の負担で現金で支払った。 売掛金 : 500,000
発送費 : 5,000
売上 : 500,000
現金 : 5,000
商品50万円分を掛取引で販売した。発送運賃5,000円は先方が負担するが、当方にて立替えてた。
*売掛金にプラスして仕訳
売掛金 : 505,000 売上 : 500,000
現金 : 5,000
商品50万円分を掛取引で販売した。発送運賃5,000円は先方が負担するが、当方にて立替えてた。
*別途、立替金として仕訳
売掛金 : 500,000
立替金 : 5,000
売上 : 500,000
現金 : 5,000

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 掛取引とは、代金を後で精算する取引のこと。
  • 商品を売って、まだ入金されていない代金を売掛金という。
  • 商品を仕入れて、まだ支払っていない代金を買掛金という

掛取引とは?

これは筆者のようなサービス業の個人事業主でも度々使用する取引なのですが、システム開発を請け負って、納入したからといってすぐに代金を現金でもらえることはほとんどありません。通常は、『請求書』などを発行し、翌月末までに入金してもらう、といったパターンが多いでしょう。
商品の売買であっても、企業同士の取引の場合などは、現金を即座にやり取りするのではなく、後日精算を約束して取引をすることもあります。

この、「代金を後日生産する約束で行う取引」のことを『掛取引』とよんでいます。

この『掛取引』に登場する勘定として、以下のものがあります。

  • 売掛金 : 商品・製品を販売して、まだ入金されていない代金
  • 買掛金 : 商品・製品を仕入れて、まだ支払っていない代金

売掛金による仕訳のルール

『売掛金』 = 資産グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを販売した : (借方)売掛金の増加
  • 売掛金が入金された : (貸方)売掛金の減少

売掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
受託していたシステムを納入し、代金の50万円は請求書を発行し、翌月末までに支払ってもらうことにした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
先述の売掛金が普通預金に入金された。 普通預金 : 500,000 売掛金 : 500,000

 

買掛金による仕訳のルール

『買掛金』 = 負債グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを購入した : (貸方)買掛金の増加
  • 買掛金を精算した : (借方)買掛金の減少

買掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
Webサイトのデザインを外部に発注し、代金の50万円は請求書を受取し、翌月末までに支払うことにした。 外注工費 : 500,000 買掛金 : 500,000
先述の買掛金を普通預金から振り込んだ。 買掛金 : 500,000 普通預金 : 500,000

<概要>

  • 商品売買の仕訳のやり方には『分記法』と『三分法』がある。
  • 商品を仕入れた時は借方に、売り上げた時には貸方に記入する
  • 分記法は『商品』・『商品売買益』の2つの勘定を使う記帳方法
  • 三分法は『仕入』、『売上』、『繰越商品』の3つの勘定を使った記帳方法

商品売買の記帳方法

筆者のようなサービス業の個人事業主に縁がないのですが、一般的な『商売』では、商品を仕入れて販売するのが基本となるでしょう。
その『商品売買』という取引を記帳するための方法としては、2つの方法が用意されています。

それぞれ、向き不向きがあるので、扱う商品の性格によってどちらかを使うことになります。

  • 分記法 : 『商品』・『商品売買益』の2つの勘定を使う。少種類・少量販売・高単価の商品向き
  • 三分法 : 『仕入』、『売上』、『繰越商品』の3つの勘定。多種類・大量販売・低単価の商品向き

 

分記法による仕訳のルール

『商品』 = 資産グループの勘定科目
『商品売買益』 = 収益グループの勘定科目

  • 商品を仕入れた : (借方)商品の増加
  • 商品を販売した : (貸方)商品の減少 & 商品売買益
分記法では、商品を仕入れた時も売った時も『商品』勘定で処理し、売った時に『商品売買益』を加えて記帳を行います。
売買が発生する都度、『商品売買益』を自分で計算して、記帳する必要があるため煩雑になりやすい反面、個々の商品毎・取引ごとの利益が分かりやすいメリットがあります。
そのため、不動産や自動車、宝飾品といった、高単価で取引の頻度もさほど多くない商品・業態向けの記帳方法です。
 

分記法による仕訳の具体例

事例 借方 貸方
販売するための自動車を250万円で仕入れ、代金は現金で支払った。 商品 : 2,500,000 現金 : 2,500,000
仕入れた自動車を320万円で販売し、代金は現金で受け取った

実際の販売額=仕入原価+商品売買益
現金 : 3,200,000 商品 : 2,500,000
商品売買益 : 700,000

 

「商品」勘定の金額は仕入金額のままになっている点に注意が必要です。

三分法による仕訳のルール

『仕入』 = 費用グループの勘定科目
『売上』 = 収益グループの勘定科目
『繰越商品』 = 資産グループの勘定科目

  • 商品を仕入れた : (借方)仕入の増加
  • 商品を販売した : (貸方)売上の増加
  • 『繰越商品』は期末の時点で在庫として残っている商品の有高

三分法では、仕入れは仕入れ、売上は売上と、完全に分けて記帳しますので、記帳方法がシンプルになります。売買の都度『販売益』を考慮して記帳する必要もありません。
三分法の場合の販売益は「売上の合計」-「仕入の合計」で決算時など、必要なタイミングで算出します。
なお、『繰越商品』勘定は期末にまとめて記帳します。

三分法による仕訳の具体例

事例 借方 貸方
仕入れ価格2,500円の商品を1,000個仕入れ、代金は普通預金から振り込んだ。 仕入 : 2,500,000 普通預金 : 2,500,000
3,200円の商品を1,000個で販売し、代金は現金で受け取った 現金 : 3,200,000 売上 : 3,200,000

三分法の場合、商品を売り上げた時点で、その商品の仕入原価がいくらだったか、といった点は一切考慮していません。
一定期間の、「売上の合計」-「仕入の合計」でその時点での販売益を集計することになります。

このページの上部へ