手形取引の仕訳 一覧

<概要>

  • 支払期日前に受取手形を銀行に持ち込んで、『割引手形』として現金化することが出来る。
  • 支払手形の支払い期日に代金の準備が出来ていない場合、『手形の更改』という手続きで、支払期日を延期してもらうことが出来る。

受取手形を期日前に買い取ってもらう

基本的に、受け取った約束手形や為替手形は支払期日に現金化(もしくは銀行口座に入金)されますが、資金繰りの都合で少しでも早く現金が手元にほしいケースもあるでしょう。
そのような場合、『割引手形』という方法で、受取手形を現金化することが出来ます。

『受取手形』は指定の期日に現金化することを約束して振り出しているものですので、銀行に期日前に持ち込んでも額面通りの金額をそのまま受け取ることはできません。
どうしても現金化したい場合は、この手形を銀行に買い取ってもらう形を取るのですが、その際には銀行に手数料を支払う必要があります。
この手数料は、手形の買取日から満期日までの金利分となり、この金利に相当する金額を『手形割引料』といいます。
実際の手形の現金化時には、手形の額面金額から『手形割引料』を差し引いて受け取ることになります。

割引手形の仕訳のルール

先述の『手形割引料』は、簿記では『手形売却損』として記帳します。

『手形売却損』 = 費用グループの勘定科目

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金は約束手形で受け取った。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
先述の約束手形の期日は来ていないが、急ぎ現金が必要になったので、銀行に持ち込み、『割引手形』として買い取ってもらった。
手形割引料は6,000円であった。
現金 : 494,000
手形売却損 : 6,000
受取手形 : 500,000

 

支払手形の支払期日を延長してもらう

手形の支払期日に代金が準備出来ていないと、『不渡り』となってしまいます。
それを避けるために、手形の支払人が手形の所持人の了承を得たうえで、手形の期日を延期してもらう方法があります。
この手続きのことを、『手形の更改』といいます。

通常は、期日を延長した際には、延長分の利息をもともとの額面金額に加えて支払う必要があります。
その際、支払人は『支払利息』勘定で、受取人は『受取利息』勘定でそれぞれ仕訳を行います。

手形の更改を行った場合の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を仕入、代金は約束手形を振り出した。 仕入 : 500,000 支払手形 : 500,000
先述の支払手形について、期日を延長してもらい、1ヶ月後に当座預金から支払った。
なお、1ヶ月分の利息は5,000円であった。
支払手形 : 500,000
支払利息 : 5,000
当座預金 : 505,000

 

<概要>

  • 支払期日前に第三者に譲渡した手形を裏書手形という。
  • 手形の裏書をした人(=もともと持っていた人)を『裏書人』、譲渡された人を『被裏書人』という
  • 使うシーンは為替手形と似ているが、記帳方法は異なる。

手形は譲渡することも出来る

基本的に、受け取った約束手形や為替手形は支払期日に現金化(もしくは銀行口座に入金)されますが、この期日前の手形を譲渡して支払いに充てることも出来ます。
譲渡の際には、手形の裏面に必要事項を記入し捺印します。この作業を『手形の裏書』といいます。
この手形は裏書することによって所有者が変わり、手形債権も新しい所有者に移ります。
(必要事項)裏書人の住所・氏名・捺印、および被裏書人の名前。

まだ現金化されていない債権を使って、支払いに当てるという点では『為替手形』と似たような点はありますが、大きな違いは手元に『受取手形』があるかどうかです。
*『為替手形』を使う場合は、『売掛金』として債権が確定しているものの、入金もされていないし、手形を受け取っている訳でもない債権を使って、別の第三者への支払いに充てるものでした。
 

  • 約束手形 : 手形の振出人が受取人に対して、一定の期日に手形に書かれた金額を支払うことを約束したもの。
  • 為替手形 : 手形の振出人が第三者(=引受人)に額面金額を受取人に対して一定の期日に支払うよう委託したもの。

それぞれの手形を使った取引を簡単なイメージに表すと、それぞれ以下の様な流れとなります。

裏書手形の仕訳のルール

  • 裏書手形を譲渡した : (貸方)受取手形の減少
    • 手形債権が減少したことになるため
  • 裏書手形を譲渡された : (借方)受取手形の増加
    • 手形債権が増加したことになるため

裏書手形の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金は約束手形を裏書譲渡された。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
1,000円の商品×1,000個を仕入れ、代金のうち50万円は先述の裏書譲渡されていた約束手形を、裏書して譲渡した。
不足分は別途、約束手形を振り出して支払った。
仕入 : 1,000,000 受取手形 : 500,000
支払手形 : 500,000

 

<概要>

  • 手形には法律上の区別として『約束手形』と『振替手形』の2種類がある。
  • 簿記においては両者の区別はなく、『受取手形』と『支払手形』の区別がある。
  • 『受取手形』は資産グループ、『支払手形』は負債グループの勘定科目。
  • 手形は小切手と違い、期日に決済される。

手形の仕組み

『当座預金』の説明で少し触れましたが、当座預金の役割には『小切手』の使用の他に、『手形取引』があります。
『手形』とは決まった期日に記載されている金額を支払うことを約束した証券のことです。
小切手と同様に売買取引の際に、現金の代わりに使われ、振出人が手形を振り出し、受取人が手形を銀行に呈示して支払いを受ける点は小切手と共通していますが、大きな違いとして、手形は決まった期日に決済が行われます。
この手形には、法律上の区別として『約束手形』と『為替手形』の2種類があります。

  • 約束手形 : 手形の振出人が受取人に対して、一定の期日に手形に書かれた金額を支払うことを約束したもの。
  • 為替手形 : 手形の振出人が第三者(=引受人)に額面金額を受取人に対して一定の期日に支払うよう委託したもの。

それぞれの手形を使った取引を簡単なイメージに表すと、それぞれ以下の様な流れとなります。

yakusoku-tegata.png

約束手形の仕組み

 

kawase-tegata.png為替手形の仕組み
 

手形取引の仕訳のルール

法律上の区別として、『約束手形』と『為替手形』という違いがある点は紹介しましたが、簿記の仕訳においてはこの区別は存在しません。
簿記においては、その手形を『支払い』に使ったのか、代金の『受取』に使ったかの違いが重要となります。

  • 受取手形 : 商品代金や売掛金の回収で受け取った約束手形・為替手形
  • 支払手形 : 仕入の代金や買掛金の支払いで振り出した約束手形・為替手形

『受取手形』 = 資産グループの勘定科目
『支払手形』 = 負債グループの勘定科目

  • 約束手形を受け取った : (借方)受取手形の増加
  • 約束手形の期日が来て現金化した : (借方)現金の増加 & (貸方)受取手形の減少
  • 約束手形を振り出した : (貸方)支払手形の増加
  • 約束手形の期日が来て、当座預金で決済された:(借方)支払手形の減少 & (貸方)当座預金の減少

約束手形の仕訳の具体例

約束手形を受け取ったケース

事例 借方 貸方
5,000円の商品×100個を売り、代金を約束手形で受け取った。 受取手形 : 500,000 売上 : 500,000
先述の約束手形の期日が来て、当座預金口座に入金された。 当座預金 : 500,000 受取手形 : 500,000

 

約束手形を振り出したケース

事例 借方 貸方
1,500円の商品×200個を仕入れ、代金は約束手形を振り出して支払った。 仕入 : 300,000 支払手形 : 300,000
先述の約束手形の期日が来て、当座預金口座から払いだされた。 支払手形 : 300,000 当座預金 : 300,000

為替手形の場合の特殊な仕訳

簿記の仕訳において、確かに勘定科目として『約束手形』と『為替手形』に区別はありません。
手形を受け取る分には『約束手形』も『為替手形』も、受け取った場合は『受取手形』科目で仕訳をします。
ですが、『為替手形』の場合、振出人には手形債権も手形債務も発生せず、債務を追うのは『振替手形』の引受人となります。

ちょっとイメージが湧きにくいので、先述のイラストを踏まえて具体的な流れや、各社の仕訳を見ていきましょう。
kawase-tegata.png

為替手形の仕訳の具体例

以下の様な前提を踏まえて、各社の仕訳がどうなるのかを確認します。
  • A社はB社に対して売掛金80万円がある。
  • A社はC社から商品を仕入れ、買掛金80万円がある。
  • このケースでは、A社が振出人、B社が引受人、C社が受取人となる。

振出人のA社の仕訳

事例 借方 貸方
C社に対する買掛金80万円の支払いのために、売掛金のあるB社宛の為替手形を振り出し、C社に渡した。
*仕訳上は、C社に対する買掛金を、B社に対する売掛金で相殺したイメージとなる。
買掛金 : 800,000 売掛金 : 800,000

引受人B社の仕訳

事例 借方 貸方
A社から為替手形80万円を引き受けて、A社への買掛金と相殺した。 買掛金 : 800,000 支払手形 : 800,000
先述の為替手形の期日が来て、当座預金口座から払いだされた。 支払手形 : 800,000 当座預金 : 800,000

 

受取人C社の仕訳

事例 借方 貸方
A社への売掛金80万円を為替手形で受け取った。 受取手形 : 800,000 売掛金 : 800,000
先述の為替手形の期日が来て、当座預金口座に入金された。 当座預金 : 800,000 受取手形 : 800,000

 

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2