決算の予備知識 一覧

精算表の作成

決算整理が終われば、こんどこそ財務諸表を作れそうなものですが、ミスを防ぐためにも『精算表』を作るのが一般的とされています。

精算表は残高試算表決算整理事項貸借対照表損益計算書の4つを一覧で表示したものです。

必ず作らないといけない表ではありませんが、決算の概要を把握し、かつ決算の作業を正確に進めるためには作成したほうが良いでしょう。

また、試算表の時点では明らかになっていない『当期利益』を算出する助けにもなります。

必須の表ではないだけに決まった書式はないのですが、一般的には下図のような『8桁精算表』が使われているようです。
8col-seisan.png

8桁精算表の記入の仕方

  1. 勘定科目欄に決算整理前の残高試算表の勘定科目を記入し、残高試算表欄の借方・貸方欄に勘定残高を記入。
  2. 整理記入欄の借方・貸方欄に決算整理仕訳を記入する。
  3. 収益・費用に関する損益計算書の勘定は、残高試算表欄の金額に整理記入欄の金額を加算・減算して損益計算書欄に記入する。
  4. 資産・負債・資本に関する貸借対照表の勘定は、残高試算表欄の金額に整理記入欄の金額を加算・減算して貸借対照表欄に記入する。
  5. 決算整理で新たに設けられた勘定は、表の下部に追加して記入。
  6. 損益計算書欄と貸借対照表欄の借方・貸方をそれぞれ合計し、一致しているか確認する。一致しない場合は合計額が少ない方に差額を記入して合計額を一致させる。損益計算書欄には赤字で記入する。
  7. 上図の例では損益計算書欄の差額が『借方』にあるので、勘定科目欄に『当期純利益』と赤字で記入する。逆に差額が貸方に記入されている場合は『当期純損失』となる。

 

決算整理

なぜ決算整理が必要か?

一見すると、「試算表の作成」の記事のように、合計試算表・残高試算表・合計残高試算表が出来上がれば、そのまま財務諸表が作成できそうなものですが、そう単純にはなっていません。

例えば、仕事用のPCを購入したような場合、購入費用はそのまま当期の「費用」にしたくなるところですが、コピー用紙やインク代などの消耗品や事務用品と違って、PCや大型のコピー機など、事務機器の中には購入費用をそのまま「費用」に出来ないものもあります。
もっと高額なものとしては、事業用の車両などもそうです。自動車などの高額商品であれば分割で支払うことになるでしょうが、分割で支払った額がそのまま「費用」になるわけではありません。いわゆる「減価償却」というものですね。
あるいは、次期の費用になるべきものを先に当期に支払って処理している場合も、そのまま当期の費用に計算することは出来ません。

このように、当期中の記録の修正や調整をする、「決算整理」という手続きが必要になってくるわけです。

決算整理事項とは?

先程の例では、次期の費用になるべきものや「減価償却」を上げましたが、これら決算整理が必要な項目のことをまとめて「決算整理事項」と呼んでいます。
決算整理事項として指定されているのは以下の8つの事項です。(各事項の詳細は別記事で後日・・・)
  • 売上原価の計算
  • 現金過不足の整理
  • 貸倒引当金の設定
  • 有価証券の評価替え
  • 消耗品の計算
  • 減価償却費の計算
  • 収益・費用の繰延と見越し
  • 引出金の整理
これらについて、仕訳を修正し、修正した仕訳を総勘定元帳に転記する作業を行います。
この仕訳のことを「決算整理仕訳」と呼んでいます。

棚卸表の作成

試算表を作成した後に「棚卸表」を作成する場合もあります。
これは決算整理に必要な物を一覧にまとめたものです。
これを使って、どのような勘定科目について、決算整理が必要かを確認したうえで、勘定科目ごとに分類して作成します。

システム的に見ると・・・

試算表を作成

試算表とは?

決算の手続」の記事で、決算の手続は大きく分けて、以下の3つで成り立っていると説明しました。
  1. 決算予備手続
  2. 決算本手続
  3. 決算報告手続

このうちの「決算予備手続」のなかで、総勘定元帳の合計と残高を一覧にした「試算表」を作ることになります。

この「試算表」は決算時には必ず作成しますが、取引の件数が多い場合など必要な場合は毎月末の月計表や週ごとの週計表も作成します。
試算表は以下の3種類があるので、例を用いて説明しましょう。

  • 合計試算表:各勘定の借方・貸方の合計を集計したもの
  • 残高試算表:これまでの記帳が正確であるか確認するために、各勘定の借方合計と貸方合計の差額である残高を集計したもの
  • 合計残高試算表:合計試算表+残高試算表。借方と貸方の合計金額を確認し、正しければ、合計額は一致する。

(前提となる総勘定元帳の記録)

例として用いる、総勘定元帳は以下の通り。

soukanjo-sample.png
合計試算表の作成

合計試算表は総勘定元帳より各勘定ごとの借方と貸方の金額を転記すれば出来上がる。
goukei.png

残高試算表の作成

残高試算表はまず総勘定元帳の各科目の借方と貸方の差額を計算する。
その上で借方と貸方のどちらが多いかを確認し、借方が多けば残高試算表の借方に、貸方が多ければ残高試算表の貸方に計算した差額を記入する。

例)
現金の場合:差額は、貸方208,000 - 借方92,000 で116,000となる。貸方の方が多いので現金の残高は貸方に記入する。

zandaka.png

 

合計残高試算表の作成

合計残高試算表は先述の合計試算表と残高試算表が出来上がっていれば、ほぼ完成したようなもの。
合計試算表、残高試算表で算出した借方と貸方の残高・合計を転記すれば出来上がり。
これで借方の残高と貸方の残高、借方の合計と貸方の合計が共に一致していればOK。
goukei-zandaka.png

システム的に見ると・・・

<概要>

  • 決算は簿記の最終目的である『貸借対照表』と『損益計算書』を作成するためのもの
  • 決算には大きく分けて『決算予備手続』、『決算本手続』、『決算報告手続』がある

 

決算とは?

会社では通常1年に1回決算を行います。この記事を書いているのは4月中旬ですが、日本国内の多くの企業は4月始まりの会計年度を採用しているので、ちょうど2014年度の決算を行って、株主総会に向けての決算報告書や、法人税の申告に向けた申告書を準備しているところでしょうか。
基本的に、会計年度の開始月は任意に設定できるようですが、会計期間は1年であり、その会計期間内に行われた取引の記録を整理し、簿記の最終目的である『貸借対照表』や『損益計算書』を作成する手続きを総称して『決算』と呼んでいます。

決算には、大きく分けて3つの手続きがあります。

決算予備手続

  • 試算表の作成と記録の誤りを訂正する
  • 日常の取引をすべて記入した後に仕訳帳を締め切る
  • 棚卸表を作成する
 

決算本手続

  • 棚卸表に基づいて決算整理仕訳をする
  • 収益、費用を各勘定残高の損益勘定へ振り替える
  • 当期純利益または当期純損失を資本金勘定に振り替える
  • 収益、費用の各勘定と損益勘定を締め切る
  • 資産、負債、資本の各勘定を締め切る
  • 補助簿を締め切る
  • 繰越試算表を作成する
  • 決算仕訳をした後の仕訳帳を締め切る
 

決算報告手続

  • 損益計算書、貸借対照表などの財務諸表を作成する

システム的に見ると・・・

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2