「簿記システムのWeb化」ということであれば、Javaや.Netもスルーする訳にはいかないが、今回のようなパターンだとハッキリ言ってなじまないだろう。
自分用に作ってみるって話だから、自分が扱えるサーバー環境でないといけないし、レンサバやクラウドで公開するにしても、そこで使えるプラットフォームじゃないとダメ。
そうなってくると、最近のWeb系で多く使われている、PHP・Perl・Ruby・Python 辺りだろうか。(最近のレンサバでRubyやPythonは普通に使えるのか?改めて調べてみないとわからんが・・・)
クラウドの場合、AWSの様に自分でOSレベルから構築していくような環境なら選択肢は多いだろうが、ディスク容量やCPUパワー、メモリあたりのチューニングが出来るだけのクラウドなら、選択肢はレンサバと同程度だろう。

流石に、よほど安いレンサバでなければ、PHPとPerlくらいは動くだろう。PythonやRubyはレンサバ・クラウドの使用次第。Javaや.Netはレンサバじゃおそらく無理だろう。

Javaはセルフマネージドのレンサバやクラウドで初めて選択肢に上がり、.NetはセルフマネージドのWindowsサーバーじゃないと無理。

 

ということで、Javaと.Netはライブラリ名の紹介だけ。

 

Java

Apache PDFBox 、 iText 、 JasperReports Library

 

.Net

iTextSharp 、PDFSharp 、 Report.Net 、 SharpPDF