現金過不足の決算整理

<概要>

  • 原因不明の現金不足は、現金過不足勘定から『雑損』勘定に振り替える
  • 原因不明の過剰金は、現金過不足勘定から『雑益』勘定に振り替える

以前の記事で紹介した、『現金過不足』勘定は、あくまでも一時的に処理するための勘定科目です。
そのため、決算時には、原因不明の現金過不足のままとはせず、現金不足は費用グループの『雑損』勘定に、
過剰現金は収益グループの『雑益』勘定に、それぞれ振り替えます。
この決算整理を行い、現金過不足勘定の残高がゼロとなるようにします。

現金過不足の決算整理の例

期末に原因不明の現金不足が48000円あった場合

現金不足なので、雑損勘定に振り替える。

借方 貸方
雑損 : 48,000 現金過不足 : 48,000

 

kafusoku-kessan1.png

この決算整理仕訳を精算表に反映すると下図のようになる。
(図は「精算表」から関連箇所だけを抜粋したもの)
kafusoku-seisan1.png

期末に原因不明の現金過剰が85000円あった場合

現金過剰なので、雑益勘定に振り替える。

借方 貸方
現金過不足 : 85,000 現金過不足 : 85,000

kafusoku-kessan2.png

この決算整理仕訳を精算表に反映すると下図のようになる。
(図は「精算表」から関連箇所だけを抜粋したもの)

kafusoku-seisan2.png

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ