一部を現金で取引した場合の伝票記入

取引の一部を現金で取引した場合の伝票記入の方法

伝票会計の場合、取引は『現金取引』と『振替取引』の2つに分かれますが、場合によっては一つの取引の中に両方含まれる場合もあります。
そのような取引を『一部現金取引』といい、伝票の書き方には2種類あります。

ここでは、平成28年8月8日に、プリンターを仕入れ、仕入れ金額の内、10万円分を掛けとし、残りを現金で支払ったものとしています。
この場合の仕訳は、以下のようになります。
 

借方 貸方
仕入 180,000 現 金  80,000
買掛金 100,000

現金と振替に分ける方法

  1. 借方:仕入 80,000円、 貸方:現金 80,000円の出金伝票
  2. 借方:仕入 100,000円、 貸方:買掛金 80,000円の振替伝票
この2つの伝票に分けて記載する。

一旦、仕入れ代金全額を買掛金とする方法

  1. 借方:仕入 180,000円、 貸方:買掛金 180,000円の振替伝票
  2. 借方:買掛金 80,000円、 貸方:現金 80,000円の出金伝票
この2つの伝票に分けて記載する。
 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ