出金伝票の記入

出金伝票の記入の方法

現金で支払った取引すべてを『出金伝票』に記入します。
この例では、平成28年8月5日に、コピー用紙とボールペンを仕入れたものとしています。

  1. No.欄に伝票の記入順に割り振った、通し番号を記入。
  2. 日付欄に取引のあった日付を記入。
  3. 支払先欄に取引相手名を記入。
  4. 勘定科目欄に現金の相手科目(この取引の借方勘定科目)を記入。
  5. 摘要欄に取引の内容を記入。
  6. 金額欄に取引された金額を記入。
  7. 合計欄に金額欄の合計金額を記入。
  8. 承認印、係印欄に責任の所在を明らかにするための、承認者・担当者の印鑑を押す。

出金伝票の記入例

shukkin-denpyo.png

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ