貸付金に関する仕訳

<概要>

  • 取引先などに金銭を貸した時は『貸付金』勘定で処理する。
  • 『貸付金』に対する利息を受け取ったら、『受取利息』勘定で処理する。

日々ビジネスを行っていく中で、場合によっては得意先や仕入先に金銭を貸すこともあります。
そのような場合には、相手から借用書などの書類を受け取ったうえで貸し付けを行います。
この貸した金銭のことを『貸付金』とよんでいます。

貸付金に関する仕訳のルール

金銭を貸し借りするときには『利息』が付くことが多いですが、簿記においては、利息を受け取った時にその分を『受取利息』勘定で処理します。

『貸付金』 = 資産グループの勘定科目
『受取利息』 = 収益グループの勘定科目

  • 取引先に金銭を貸した : (借方)貸付金の増加
  • 取引先から返済を受けた : (貸方)貸付金の減少
  • 返済時に利息を受け取った : (貸方)受取利息の増加

 

貸付金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
AB物産株式会社に、現金150万円を貸し付けた。 貸付金 : 1,500,000 現金 : 1,500,000
後日、貸し付けていた金額に、利息15万円とともに当座預金に入金された。 当座預金 : 1,650,000 貸付金 : 1,500,000
受取利息 : 150,000

 

 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2