返品や値引きの処理

<概要>

  • 返品や値引きによって、『仕入』や『売上』の金額が後で変わることもある
  • その場合は、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行う。

返品や値引きが発生した場合

商売上、売り買いした商品に何らかの問題があり、返品が発生したり、返品しないまでも値引きをするようなケースは無いに越したことはありませんが、想定はしておかなくてはいけません。
発生したケースによって呼び方それぞれありますが、仕訳の方法としては、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳をする。という点で共通しています。

  • 仕入返品 : 仕入れた商品を返すこと。
  • 仕入値引 : 仕入れた商品に対して、代金を安くしてもらうこと。
  • 売上返品 : 売り上げた商品が返品されること。
  • 売上値引 : 売り上げた商品に対して、代金を値引くこと。
この際、簿記のルールとして気をつける必要があるのは、最初の売上や仕入の取引の仕訳そのものを修正してはいけません。
最初の売上や仕入の取引と、返品や値引きはあくまでも別の取引になるので、結果としては同じでも、返品や値引きも独立した取引として仕訳する必要があります。

返品や値引きが発生した場合の仕訳のルール

ここでは、特に新しく登場する勘定科目はありません。
先述の通り、仕入れた時・売り上げた時と逆の仕訳を行うので、以下のようになります。
  • 仕入返品&仕入値引 : (貸方)仕入の減少
  • 売上返品&売上値引 : (借方)売上の減少

仕入返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品が頼んだものとは別のものだったので、全て返品した。 買掛金 : 500,000 仕入 : 500,000

仕入値引きの仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 仕入 : 500,000 買掛金 : 500,000
届いた商品の一部のパッケージに汚れがあったため、1万円分の値引きを受けた。 買掛金 : 10,000 仕入 : 10,000

売上返品の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個、掛取引で販売した。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送ミスで別のもの発送してしまったため、全て返品された。 売上 : 500,000 売掛金 : 500,000

売上値引の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
5,000円の商品を100個仕入れた。代金は掛けとした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
発送した商品の一部のパッケージに汚れがあったため、3万円分値引きした。 売上 : 30,000 売掛金 : 30,000

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2