掛取引の仕訳

<概要>

  • 掛取引とは、代金を後で精算する取引のこと。
  • 商品を売って、まだ入金されていない代金を売掛金という。
  • 商品を仕入れて、まだ支払っていない代金を買掛金という

掛取引とは?

これは筆者のようなサービス業の個人事業主でも度々使用する取引なのですが、システム開発を請け負って、納入したからといってすぐに代金を現金でもらえることはほとんどありません。通常は、『請求書』などを発行し、翌月末までに入金してもらう、といったパターンが多いでしょう。
商品の売買であっても、企業同士の取引の場合などは、現金を即座にやり取りするのではなく、後日精算を約束して取引をすることもあります。

この、「代金を後日生産する約束で行う取引」のことを『掛取引』とよんでいます。

この『掛取引』に登場する勘定として、以下のものがあります。

  • 売掛金 : 商品・製品を販売して、まだ入金されていない代金
  • 買掛金 : 商品・製品を仕入れて、まだ支払っていない代金

売掛金による仕訳のルール

『売掛金』 = 資産グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを販売した : (借方)売掛金の増加
  • 売掛金が入金された : (貸方)売掛金の減少

売掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
受託していたシステムを納入し、代金の50万円は請求書を発行し、翌月末までに支払ってもらうことにした。 売掛金 : 500,000 売上 : 500,000
先述の売掛金が普通預金に入金された。 普通預金 : 500,000 売掛金 : 500,000

 

買掛金による仕訳のルール

『買掛金』 = 負債グループの勘定科目

  • 掛取引で製品・サービスを購入した : (貸方)買掛金の増加
  • 買掛金を精算した : (借方)買掛金の減少

買掛金の仕訳の具体例

事例 借方 貸方
Webサイトのデザインを外部に発注し、代金の50万円は請求書を受取し、翌月末までに支払うことにした。 外注工費 : 500,000 買掛金 : 500,000
先述の買掛金を普通預金から振り込んだ。 買掛金 : 500,000 普通預金 : 500,000

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2