小口現金の仕訳

<概要>

  • 各部署に現金管理の担当者を置き、経費などの管理を行うことを『小口現金制度』という
  • 小口現金の担当者を『小払係』という

小口現金とは?

筆者のような個人事業主にはあまり縁のない制度ですが、ある程度の規模の組織(=会社)で活動していると、従業員一人一人の活動によって、毎日のように少額の経費が発生してきます。
本来ならば、経理部門が一括して現金の動きを管理するのでしょうが、組織が大きかったり、経費の発生頻度が多いと大変です。
それに対応する制度として、部門ごとに『小払係』という担当者を置き、その係に現金管理を任せる『小口現金制度』というものが作られました。

小口現金の取引は1週間や1ヶ月といった、決められた期間の支出や現金の補給をまとめて仕訳します。
支出の仕訳の際に『相手科目』は必要となりますので、その部署でよく使われるものを把握しておくことが必要です。

以下のものがよく『小口現金』として扱われます。

  • 事務消耗品費 (文房具、帳簿、伝票などの代金)
  • 旅費交通費 (電車、バス、タクシーの代金や回数券、タクシー券などの代金)
  • 通信費 (郵便切手、はがきなどの代金)

小口現金の仕訳のルール

『小口現金』 = 資産グループの勘定科目

  • 小口現金を補充した(=増えた) : (借方)小口現金の増加
  • 小口現金から経費を支払った(=減った) : (貸方)小口現金の現象
小口現金のやり取りを図にすると、以下の様なイメージになります。
kokuchi-genkin.png

小口現金仕訳の具体例

小口現金が増加するケース

事例 借方 貸方
現金で小口現金5万円を補充した。 小口現金 : 50,000 現金 : 50,000
小切手で小口現金15万円を前渡しした。 小口現金 : 150,000 当座預金 : 150,000
普通預金から8万円引き出して、小払係に渡した。 小口現金 : 80,000 普通預金 : 80,000

小口現金が減少するケース

事例 借方 貸方
月末に部署内の経費を取りまとめた結果、以下のとおりとなった。
  • 旅費交通費 : 35,000円
  • 消耗品費 : 9,000円
  • 通信費 : 5,200円
旅費交通費 : 35,000
消耗品費 : 9,000
通信費 : 5,200
小口現金 : 49,200


Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

HN:キリ
京都府南部を拠点にフリーのITエンジニアとして活動しています。

サイト内検索

Powered by Movable Type 6.3.2